魚釣りの醍醐味はキャッチ&イート

子どもから老人まで楽しめる釣り

一言で釣りといっても様々な魚と釣り方があります。

同じ魚でも釣り方は数通り、どこでどんな魚をどうやって釣るかはその人の好みになります。

その中でもおすすめしたいのが釣った魚は食べる「キャッチ&リリース」

釣りを楽しんで、釣った魚を食べるという2重の楽しみ方。

食べない釣りの中でも人気なのがルアーで釣るブラックバス。

広い湖の中で気候、エリアに合わせた釣り方でバスプロもいるほど奥が深い釣りです。

その魅力はなんといっても魚の力強さ。ルアーに食いついてから引き上げるまでの迫力を楽んでいます。

それも楽しいですがやっぱり釣ったら食べたい。

海で釣ったアジは新鮮で最高。

川で釣ったイワナの塩焼きは格別。

そんなフィッシングスタイルを紹介します。

・場所で選ぶ魚の種類

海:アジ・タイ・ヒラメ・カレイ・ハゼ・ブリ・マグロ・イカetc

川:アユ、ヤマメ、イワナ、ニジマス

湖:ニジマス

管理釣り場:ニジマス

 

・釣りの種類

 

・サビキ釣り

釣れる魚:アジ、サバ、イワシ

初心者でも楽しめる釣りで、仕掛けに付いたかごの中に小型のエビ(オキアミ)や粉末状のエサを水で固めたマキエサを入れて海へ投げ込むと、そのマキエサに集まってきた魚をエビや小魚に似せたハリを食べさせる釣り方です。

マキエサをきらさないようにして魚を集めておくことが大切です。

1つの仕掛けにハリが3個以上ついているので、一気に5匹釣れた!なんてこともよくあります。

・投げ釣り

釣れる魚:キス、カサゴ、イシモチ、クロダイ、カレイ、ハゼ

リール竿を使ってオモリの付いた仕掛けにエビやアオイソメなどのエサをつけて海へ投げ込む釣り方です。投げた後はゆっくりとリールを巻いているか、糸を張った状態で竿を立ててじっと待つかの2パターンあります。ゆっくり引く釣り方では魚がかかった時の感触が手に伝わる面白さもあります。

じっと待つ場合は竿先の変化や鈴をつけて当たりを待ちます。

どちらにするかは狙う魚やポイントによって使い分けてください。

 

・ウキ釣り

釣れる魚:メジナ、アジ、メバル、クロダイ、サヨリ、サバ、ニジマス、ヤマメ、イワナ

初心者にもおすすめの釣法で、ウキを使って、魚がエサを食べてウキが水中に沈んでいくタイミングで竿を立てて魚をハリに引っ掛ける釣り方です。海、川、湖どんな場所でもできるのが特徴です。

 

・泳がせ釣り

釣れる魚:ヒラメ、マゴチ、ブリ、ヒラマサ

生きた小魚を針にかけそのエサを食べにくる大型の魚を狙う釣りです。

魚に似せた疑似餌や、冷凍の小魚を使うよりも魚が釣れやすく、エサが自由に動いてくれるので特別な技術も不要です。そして大型の魚を狙えることがうれしい。

エサはサビキでアジやイワシを自分で釣らないといけないところが難点です。

 

・ミャク釣り

釣れる魚:イシダイ、アイナメ、カサゴ、クロダイ、カワハギ、ヤマメ、イワナ

ウキを使わずに魚を釣り上げる釣り方です。おもりの重さで糸を張った状態で、魚がエサを食べたときに伝わる感触や、糸や竿先の変化を見てハリに引っ掛けるので、経験も多少必要になります。

 

・ルアーフィッシング

釣れる魚:スズキ、ブリ、アジ、ヒラメ、イカ、マス、ヤマメ

魚のエサに似せた擬似エサのルアーを使った釣り方です。

ブラックバスなど、プロがいるほど奥が深い釣り方です。

 

ルアーにはハードルアーとソフトルアーがあり、場所や気候、狙う魚によって使い分けします。

ルアーがあればエサや仕掛けは不要なので、準備や持ち運びが便利で、手軽に楽しめます。

虫などエサに触りたくない人におすすめです。

 

・フライフィッシング

釣れる魚:マス、イワナ、ヤマメ

昆虫に似せたハリ(フライ)を使った釣り方で、糸とハリの重さで遠心力を利用して投げるので技術が必要です。

水面に浮かせたフライを魚が食べる瞬間が見える感動がなんともいえません。

フライの材料は鳥の羽や糸なので、フライの自作を楽しむ人も多いことも特徴です。

 

・テンカラ釣り

釣れる魚:イワナ、ヤマメ

フライフィッシングと同様で、毛張(フライ)という擬似餌を用いた釣り方です。フライフィッシングとの違いは、竿と釣り糸、毛鉤のみのシンプルな仕掛けで、リールを用いないことです。日本の渓流は川幅が狭いという特徴から生まれた釣り方で、道具が少なくポイントを移動しながら釣る渓流釣りにはベストな釣り方です。

竿・糸・毛針を持って、山登りをしながら道中の小川で釣りを楽しむ釣りも人気です。

 

・友釣り

釣れる魚:アユ

アユが持つなわばり争いの習性を利用し、オトリのアユを使ってアユをおびき寄せ、侵入者を攻撃した時に間違ってオトリからぶら下がる掛け針に掛かってしまうという釣り方です。8m以上の竿や

川に入るためのウェーダーなど、特別で高級な道具が必要で、生きたアユを自由自在に操作する技術も必要になる上級者向けの釣りです。

 

・食べ方で選ぶ釣り方

 

・食べ方で選ぶ魚

塩焼き:アユ、マス、ヤマメ、イワナ、アジ、サバ、

刺身:ブリ、ヒラメ、タイ、イカ、マゴチ、ヒラマサ

煮つけ:アイナメ、カサゴ、

フライ:アイナメ、カサゴ、ハゼ、キス、アジ

 

ここまで見ると、アジがどんな釣り方でも釣れて色々な食べ方ができます。

新鮮なアジは高級魚に勝る味。魚がかかって釣り上げるまでも力強く楽しめます。

初心者の方はアジ釣りから始めると、釣りの魅力に虜になるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です