虫が苦手な人必見。エサ不要で釣りを楽しむ

魚釣りに興味がある。食べるのも好き。

でもミミズとか虫を手でもって針にさすなんて無理。

という人におすすめなのがルアーフィッシングです。

ルアーは生きたエサではなくおもちゃのような疑似餌を使うので虫を触ることがありません。

虫に似たワームを使う場合もありますが、スライムのようなもの。ほんとにダメなら使わなくても問題なし。

狙った場所に投げるにはコツが必要ですが、1日やればもう立派なアングラーです。った大型魚まで狙えます。

要領は同じですが狙う魚と使う道具によってアジングやエギングという釣りもあります。

アジを狙ったアジングという呼び方もあります。

必要な道具は?

釣具は竿、リール、ルアーのみ

ルアーの種類は無限にあるので、こだわると出費がかさみますが、自分が釣りたい魚にあったものを選べば大丈夫です。

ルアーの種類

大きく分けると下記のような分類になります。

 

ポッパー:水面でジャブジャブと音をたてて魚を誘う

ミノープラグ:ベロがついた小魚に似せたルアーで、巻くと潜る。フローティングのものは止めると浮く。

クランクベイト:丸い小魚のシルエットのルアーで、横に震えるアクションと振動で誘うス

バイブレーション:巻き上げるとブルブルと振動する

メタルジグ:鉛やタングステンなどが素材でできているので重く、遠投したり深場を狙える

ワーム:ゴム状のミミズや虫に似せた疑似餌。小魚やエビに似せたものもある

スプーン:金属片を曲げただけのルアーだが、形や色、大きさは多種多様

エギ:イカを釣るための疑似餌

釣る魚と状況によって使い分けますが、狙う魚によって大所を持っていれば大丈夫。

ベテランは大量の種類を持っていますが、使い分けるのも一苦労です。

疑似餌なので状況を見ながら、どうやって魚をだますかという頭脳戦にもなりますので、知識や経験によって釣果は大きく変わります。

釣りとキャンプを楽しむ

釣りは海や渓流、湖でやるので近くには雰囲気のあるキャンプ場も多いです。

昼間は釣りを楽しんでキャンプをして楽しむ。子どもにアウトドアを体験させて楽しむこともできます。父親のかっこいい姿を見せられるチャンスです。

キャンプに関するサイト

さいごに

 

ただ、生きたエサがいらないので、車に乗せておいてふとポイントがあれば竿を出すという手軽さが最大の魅力です。

汚い、臭いという釣りのイメージをもたれている方は入門編としてチャレンジしてみてください。

最近ではカラフルな竿やウェアもあり、The釣り人ではなくおしゃれな釣り人もいます。

おしゃれにそろえて山ガールに続く釣りガールも素敵ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です