釣果をのばすための海釣り知識「潮汐」

潮汐とは?

海面の高さは、月と太陽の引力によって周期的に満ち引きを繰り返しています。「潮が満ちた、ひいた」という表現は聞いたことがあると思います。これを潮汐(ちょうせき)と呼び、釣果を左右する要因となっています。

 

潮汐には「大潮・中潮・小潮・長潮・若潮」があり、これは潮回りとも呼ばれています。

 

一般的に魚が良く釣れるのは、潮が動いている、流れていてエサである酸素やプランクトンなどを運んでくれるポイントです。大潮は、潮位の差が最も大きく、潮がよく動いているのでエサも周りやすくなります。逆に、潮があまり動かない「小潮・長潮・若潮」は釣れにくいとされています。

また、満ち引きの中間地点である「潮止まり」では釣果が落ちます。潮止まりは1日に2回あり、「潮が満ちきった状態の満潮時・潮が引ききった状態の干潮時」です。

 

上げ3分下げ7分とは?

 

また、釣り用語として「上げ3分下げ7分」という言葉があります。

潮位が「干潮の潮止まり」から満潮へと向かう「上げ3分」、「満潮の潮止まり」から干潮へと向かう「下げ7分」によく釣れると言われます。

それらは、潮位の割合と、潮止まりから潮が動き出すタイミングを表しています。「上げ潮3分」のとき、「下げ潮7分」のときが一番潮が激しく動くので、絶好の釣りタイミングといえます。

満潮と干潮の間隔は約6時間おきに起こるので、「上げ3分」は干潮から約2時間後、「下げ7分」は満潮から約2時間後になります。
釣りの時間でいうと潮が動き始める頃から一番活性する2時間後~1時間くらいがベストの時間帯です。


まとめると、大潮の日の満潮もしくは干潮の2時間後に竿をだしておくと一番釣れるタイミングになります。ただ状況や場所や様々な要因があり、必ず釣れる訳ではないところが釣りの難しさであり、楽しさになります。もちろんこのタイミングでなくても爆釣するときもあります。

 

潮汐を知る方法は?

 

今はスマホやパソコンで簡単に潮汐や釣れるタイミングを調べることができます。

場所や地域によっても時間帯が変わってくるので参考にしましょう。

 

潮MieYell

釣割

 

さいごに

魚も生き物なので、絶対はありません。

釣れない日があり、釣れる日があるのが釣りの醍醐味です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です